サイン馬券が好きな有名人5人をまとめて紹介!

サイン馬券とは競馬の有名な馬券の買い方の一つで、サイン理論とも呼ばれていて、他にはケントク買いなんていう呼ばれ方もします。

メインレースの多くはレース前から既に勝ち馬と勝利する騎手が決まっていて、それを事前に競馬の神様がサインとして教えてくれているというオカルトチックな発想による買い方ではあるものの、サイン馬券愛好家はとても多く、その中には多くの有名人も含まれます。

データや数字重視の競馬ファンからすれば嫌われる予想方法ではあるものの、ノストラダムスの大予言の様に、こじ付けでサイン馬券を見つける事を楽しんでいる方も多く、それも一つの競馬の楽しみ方であるとも言えます。

このカテゴリーではサイン馬券が好きな有名人を詳しく紹介していきます。その方のサイン馬券による実績と合わせて紹介していきましょう。

サイン馬券の代表的な手法

サイン馬券好きの芸能人をまとめて紹介する前に、まずはサイン馬券の定義や代表的な手法について簡単に説明していきたいと思います。

近代競馬はデータを駆使した予想が一般的です。データや数字、近走や血統、厩舎や騎手などをチェックし、競走馬の強さを数値化する指数というものも一般的になってきました。

しかしサイン馬券は全くそういったものに関与せず、様々な手法を用いて予想を展開していくという独自の道をいくものになります。

  • 季節や記念日から連想される馬、馬主、騎手
  • 出走馬や関係者の誕生日や記念日
  • 主催者の発行物や広告にあるフレーズから連想
  • 当日ゲストにきた有名人に関係する数字
  • レース当時に話題になっているニュース、事件、事故などの時事ネタ
  • 自分の誕生日や記念日

このようなサイン馬券が一般的で、自分の誕生日や思い出に残っている数字を記念に購入するという方もいますよね?それも立派なサイン馬券です。

しかし一般的には今おきている時事ネタから数字を引っ張ってきたりワードから予想を展開するというのが多くあります。

サイン馬券が好きな芸能人をまとめて紹介

さて、サイン馬券の代表的な手法が分かった所で、ここからはサイン馬券が好きな芸能人をまとめて紹介していきたいと思います。

以下で紹介する方は競馬好きな事はもちろん、競馬予想の中でも特にサイン馬券が好きな事で有名な芸能人ばかりです。是非チェックしてみて下さいね!

井崎脩五郎

サイン馬券好きの有名人として知られている井崎脩五郎さん。

フジテレビの競馬中継に1983年からレギュラー解説者として出演しており、独特のデータ予想やサイン理論を駆使して予想する事で知られています。競馬中継が好きだという東京に住んでいる方にとっては顔馴染みの深い人物と言えるのではないでしょうか?

最近放送されている『みんなのKEIBA』ではメイン解説者ではなくご意見番という立場となっており、今までよりは一歩引いた立場にいる事が多いです。豊富な知識は競馬だけではなく、TBSで放送されている東京マガジンの見出し評論家としても活躍しており、複数の評論家という肩書きで幅広い分野で活躍しています。

基本的にはデータを駆使した予想を行ないますが、サイン馬券も数多く披露するという特徴があります。2019年の有馬記念の本命はアエロリットにしているのですが、その時の理由は『アエロの字でVサインが刻まれている』というもの。これを東スポで公開された自身の予想で展開しているという事なので、相当サイン馬券への造詣は深いと見て良いでしょう。

他にもサイン馬券により日本ダービーを予想したり。馬名や枠順番などをチェックしてからサイン理論で予想する事が多い予想家の一人です。

サイン馬券が好きな井崎脩五郎の特徴を5つの項目で徹底解説!
多くの競馬番組への出演経験がある井崎脩五郎は、サイン馬券好きでも知られています。この記事では井崎脩五郎の特徴や予想を知る方法について詳しくご紹介していきたいと思います。

爆笑問題田中裕二

田中裕二はお笑いコンビ爆笑問題のツッコミ兼リーダーとして有名。テレビで見ない日は少ないという位の人気者ですが、競馬が大好きな事でも有名。

過去には『うまなりクン』という番組にレギュラー出演しており、フジテレビのトリビュートにも日本ダービー特集などで出演した経験があります。好きな馬はオグリキャップやグラスワンダーで、最も思い出に残っているレースは1998年の有馬記念だと語っています。

田中裕二さんの競馬予想の多くはサイン馬券であり、自分の好きなもの、名前になぞらえたサインを駆使する事で有名。ちなみに過去の有名なレースでいくと…

1999年の桜花賞では、太田が好きな作家のトルーマン・カポーティになぞらえ、カポウティを父に持つフォルナリーナを本命にしたが18着(最下位)に終わった。対抗もカポーティの代表作『ティファニーで朝食を』からステファニーチャンを推したが17着であり、完全に逆的中となった。

基本的には真面目な予想も多いものの、逆的中となるサイン馬券も数多く公開しています。ちなみに過去には計1,430,700円の払戻を受けた事があり、全く同じ年にも計554,860円の払戻を受けた事もあります。

サイン馬券が好きで多く駆使する有名人である事は有名ですが、このように高額配当を何度も的中した実績を持つ凄腕有名人の一人なので、サイン馬券以外はもしかしたら参考にした方が良いのかもしれません。

サイン馬券で大穴狙い!爆笑問題田中裕二の予想スタイルや的中実績を紹介
サイン馬券好きとして有名な爆笑問題の田中裕二さんは、過去に800万円近い的中を記録しています。そんな田中裕二さんの予想スタイルや的中実績、予想を見る方法などをご紹介していきたいと思います。

阿藤快

なんだかな~の口癖で一斉を風靡した阿藤快さん。2015年11月14日に69歳という若さで亡くなったものの、今でも慕う方が多くいる人気者です。

阿藤快さんは競馬歴35年で生前は自身のブログなどでも競馬予想などを多く展開していました。阿藤快さんの馬券予想方法はとても独特で、他のサイン馬券好きの有名人と比べても一線を画しているものでした。

阿藤快さんの予想スタイルは馬名からくる数字と九星を絡ませて予想を展開していくという暗示馬券という予想方法。サイン馬券の中でも非常に独特です。

  • 母音がア行(ワ/ン):馬名数字1
  • 母音がイ行(ヲ):馬名数字2
  • 母音がウ行:馬名数字3
  • 母音がエ行:馬名数字4
  • 母音がオ行:馬名数字5

上記の表に競走馬の名前を当てはめていくというものです。九星における番号は一白から九紫までの九つの星の事で競馬新聞などの日付にも表示されています。

  • 一白、四緑、七赤:1,4,7,11,14,17
  • 二黒、五黄、八白:2,5,8,10,12,15,18
  • 三碧、六白、九紫:3,6,9,13,16

レースが開催される日が五黄だった場合は2,5,8,10,12,15,18の馬番や枠番に注目していき、上記で出した馬名数字と照らし合わせながら数頭の競走馬を絞り込んでチェックしていくというもの。

サイン馬券で有名な阿藤快さんについて5つのポイントで詳しく紹介!
今回の記事では、独自の予想方法で驚きの的中率を記録していた阿藤快さんについて詳しくご紹介していきたいと思います!運営していたブログや予想スタイルについて解説するので是非チェックしてみて下さい!

高本公夫

高本公夫さんはサイン馬券の元祖とも呼ばれている人物です。

元々は市立高校で英語教師として仕事をしており、作家を目指して35歳の時に上京。出版業界に顔を出す中で趣味の競馬にまつわる本を出版し、その本がヒットした事で競馬界でも一目置かれる存在になっていったという訳です。

  • 馬連列島激震攻略本 : 馬連時代の「馬券の真実」をすべて公開
  • 高本公夫のあたり馬券徹底ゼミナール
  • 高本公夫&達矢のあたり馬券徹底ゼミナール
  • ウルトラ馬券大作戦
  • 最強の馬連馬券的中法 : “花札””将棋”に勝馬推理の強力ヒント!!
  • 超大穴必中の新法則 : 十万円馬券も現実に!
  • 超万馬券をとって歓喜する本

今となってはサイン馬券は一般的な言葉になっていましたが、この時はそうではありませんでした。高本公夫さんがサイン理論を使った予想のしており、昔はタカモト式もしくはタカモトと呼ばれる事も。

さて、高本氏が確立したのが「サイン馬券」である。たとえば枠順にヒントがあり、1番に●●ワンが、黒帽の2枠に●●ブラックという馬が入ったら勝負だ、という具合だ。「競馬には演出者がおり、すべては仕組まれている」という予想論が、多くの競馬ファンに知れ渡り、馬券の売り上げはグングンと伸びていった。

競馬雑誌もまた、高本氏のお陰で新たな読者層に支えられていた。草島たかよし氏や秋月薫氏を筆頭に数名のサイン馬券作家も出現したが、高本氏ほどバックボーンがしっかりした人はいなかった。

枠順と馬名のみならず、キャッチコピーの意図、あるいは場内放送にヒントがあった、などなど。予想術としては十分におもしろく、レースそっちのけで場内放送に耳を傾けたこともあった。

引用元:伝説の「馬券術」本と、『競馬最強の法則』の終焉

このように当時の人からすればサイン馬券は画期的なものであり、それを発明した高本公夫さんがどれだけ偉大な人物であるかは上の評価を見てもらえれば分かるかと思います。

サイン馬券の元祖・高本公夫とは?3項目で詳しく解説
サイン馬券の元祖・高本公夫とは?通常の馬券予想方法とは全く異なる、「サイン」で予想を展開していくサイン理論。その生みの親とされる高本公夫について3項目で詳しく解説します。

霜降り明星

霜降り明星の中でも特にツッコミの粗品さんが競馬好きで有名。

粗品さんの趣味はアニメ、ゲーム、パソコン、音楽、麻雀、パチンコ、競馬とギャンブルは大体かじっている程で、移動時間や収録の待ち時間のほとんどをソーシャルゲームをしてすごしているそうです。

粗品さんの競馬の腕前はとても有名で、過去には5レース全ての1着を的中させなければいけないWIN5にて20万円分の馬券を購入し約80万円にするという離れ業を達成した過去も。さらに凄いので、その的中馬券をさらに競馬の一点購入で約100万円の払い戻しにするというもの。

賭ける額も大きければ賭け方も非常に男前な粗品さん。サイン馬券に関しても造詣が深いといわれており、競馬に関してはデータを駆使しつつサイン理論も展開していくという、根っからのギャンブル気質をもっているという点が粗品さんの魅力の一つであるとも言えます。

サイン馬券の使い手!霜降り明星・粗品の豪快エピソード3選
ギャンブルが大好きなことで知られる霜降り明星の粗品は、ギャンブルに関する多くの話を披露してきました。中でも特に豪快だと感じるエピソードを厳選してご紹介していきます。

まとめ

サイン馬券に造詣が深い人物をまとめて5人紹介してきました。

他にもサイン馬券が好きな芸能人は非常に数多く存在しており、サイン馬券はオカルトの一種であるという意見が多いですが、実際にサイン馬券を駆使して的中している方も多くいます。

サイン馬券も競馬の楽しみ方の一つであるという事は間違いありません。サイン馬券を駆使しつつ、競馬の楽しさや醍醐味を色々な角度から網羅していくのが競馬の楽しみ方の一つであると言っても過言ではありません。

このカテゴリーでは様々なサイン競馬が好きな有名人の方がを紹介していきますので、色々な方のサイン理論をチェックしてみて下さいね!

サイン馬券 有名人

サイン馬券で大穴狙い!爆笑問題田中裕二の予想スタイルや的中実績を紹介

サイン馬券好きとして有名な爆笑問題の田中裕二さんは、過去に800万円近い的中を記録しています。そんな田中裕二さんの予想スタイルや的中実績、予想を見る方法などをご紹介していきたいと思います。
サイン馬券 有名人

サイン馬券が好きな井崎脩五郎の特徴を5つの項目で徹底解説!

多くの競馬番組への出演経験がある井崎脩五郎は、サイン馬券好きでも知られています。この記事では井崎脩五郎の特徴や予想を知る方法について詳しくご紹介していきたいと思います。
サイン馬券 有名人

サイン馬券予想が日課!春風亭小朝が予想した3つのレースを紹介

落語家の春風亭小朝さんは、競馬のサイン馬券予想好きとしても有名です。この記事では、春風亭小朝さんが実際にサイン馬券で予想したレースを3つに厳選してご紹介していきたいと思います!
サイン馬券 有名人

サイン馬券の使い手!霜降り明星・粗品の豪快エピソード3選

ギャンブルが大好きなことで知られる霜降り明星の粗品は、ギャンブルに関する多くの話を披露してきました。中でも特に豪快だと感じるエピソードを厳選してご紹介していきます。
サイン馬券 有名人

サイン馬券の元祖・高本公夫とは?3項目で詳しく解説

サイン馬券の元祖・高本公夫とは?通常の馬券予想方法とは全く異なる、「サイン」で予想を展開していくサイン理論。その生みの親とされる高本公夫について3項目で詳しく解説します。
サイン馬券 有名人

サイン馬券で有名な阿藤快さんについて5つのポイントで詳しく紹介!

今回の記事では、独自の予想方法で驚きの的中率を記録していた阿藤快さんについて詳しくご紹介していきたいと思います!運営していたブログや予想スタイルについて解説するので是非チェックしてみて下さい!