競馬の神様が教えてくれた!?サイン馬券の過去の有名な実例10つ

普通は馬券予想というと出走表を見て、出走する競走馬の過去の成績や状態、血統、騎手、馬場状態や過去のデータを参考にしながら予想を組み立ていきますよね。しかし、競馬の予想方法はこの方法1つだけというわけではありません。他にも様々な予想方法があるのです。

その中でも初心者でも簡単に、しかも楽しみながら行うことが出来ると人気の方法がサイン理論を使ったサイン馬券です。サイン馬券は手軽に始めることも出来ますが、奥が深い世界でもあり、サイン理論を極めるべく様々な競馬研究を行なっている人や、サイン馬券・サイン理論に関する書籍もいくつも出版されています。

「サイン馬券なんてこじつけだ!本当に当たるはずがない!」そう話す人も多いですが、実はサイン馬券は過去に沢山の的中実例が存在しています。驚くべき過去の実例を知れば、今までサイン馬券を信じていなかったという人も考え方が変わるかもしれませんよ。

このページでは過去の実例の中でも特に有名なサイン馬券の的中実例についてご紹介させていただきたいと思います。サイン馬券に対して半信半疑だという人も、サイン馬券の凄さを改めて実感したいという方も、是非チェックしてみてください。

サイン理論は古くからある勝ち馬予想方法

サイン馬券を購入するためのサイン理論について、Wikipediaによれば以下のように紹介されています。

「メインレースの多くではレース前から既に勝ち馬や勝利する騎手が決まっており、特定の者に主催者または競馬の神様がサインを出して教えている」という発想の下で予想を行い、馬券を購入する。

人気馬では配当面の妙味が薄いため、基本的には穴馬を探すための手法であるが、人気馬を本命視する根拠の補強のために用いられることもある。

引用元:Wikipedia

主催者がサインを出すというのは八百長となってしまうので問題ですが、「競馬の神様」がサインを出してくれているというのならば見逃さずにサインを見つけたいところですよね。

このようなサイン理論を使った予想は実は古くからある方法で、日本で広まったのは競馬評論家の高本公夫が予想コラムなどを通じて広げたのがきっかけだと言われています。そのため、「サイン馬券」や「サイン理論」という呼ばれ方の他にも「タカモト式」という名称で呼ばれています。

高本公夫についてはサイン馬券の元祖・高本公夫とは?3項目で詳しく解説で解説しています。

サイン馬券の過去の有名な実例10つ

サイン馬券の定義をご紹介したところで、ここからはサイン馬券の有名な過去実例をご紹介させていただきたいと思います。

サイン馬券はその予想方法から「たまたま当たっただけ」と言われがちですが、これからご紹介する過去の実例は思わず「競馬の神様」を信じたくなってしまうようなものばかりです。

サイン馬券の過去の実例その1「ワンアンドオンリー」

サイン馬券の中でも有名なのが2014年のワンアンドオンリーの日本ダービーです。ワンアンドオンリーは弥生賞で2着と惜敗、皐月賞では4着となるなど、勝ちきれないレースでしたが日本ダービーでは3番人気に押され、今までにない積極的な策で道中を進み、最後の直線で皐月賞馬イスラボニータをかわして優勝しました。

そんなワンアンドオンリーは2011年2月23日生まれで、ワンアンドオンリーに騎乗していた横山典弘騎手も1968年2月23日生まれ、更にワンアンドオンリーのオーナーである前田幸治も1949年2月23日生まれ、そして日本ダービーを観戦されていた皇太子殿下(2019年では今上天皇)が1960年2月23日生まれと、見逃せないサインが揃っていたのです。

サイン馬券の過去の実例その2「イチロー(キングヘイロー)」

2019年に大きな話題となったのがイチロー(キングヘイロー)のサイン馬券ではないでしょうか。イチロー選手は2019年3月21日に現役を引退することを発表。長年成績を残し続け、現役を続けてきたイチローが引退するということで大きなニュースとなりました。

そんなイチロー選手の日米通算安打数が「4367」という数字で、これに因んで馬券を購入したという競馬ファンも居たようです。

そして、その3日後の3月24日に高松宮記念が開催。このレースでは1着ミスターメロディ、2着セイウンコウセイ、3着ショウナンアンセムという結果で、三連単が(3)(4)(7)が的中となりました。イチロー選手の安打数である(4)(3)(6)(7)で三連単をボックス買いしていた人はなんと449万7470円もの払い戻しを手にすることになったのです。しかし、イチローの日米通算安打数がサインだと言っていた人は多かったものの、実際に馬券を購入していた人は少なく「買えばよかった!」という声が多かった馬券でもありました。

詳しくはサイン馬券の神が降臨!2019年高松宮記念で起きた1つの奇跡をご確認ください。

また、高松宮記念はキングヘイローが11度目の挑戦にして初めてG1勝利を果たしたレースでもあります。キングヘイローは高松宮記念が開催される5日前の2019年3月19日に亡くなっており、また、ミスターメロディに騎乗していたのがキングヘイローとコンビを組んでいた福永祐一騎手であったことからキングヘイローのサイン馬券だとも言われています。

サイン馬券の過去の実例その3「9.11」

不気味なサイン馬券の話として非常に有名な話がアメリカ同時多発テロ事件9.11です。不謹慎であるという理由から当時はこの結果について言及されることはありませんでしたが、サイン馬券についての話題になると振り返って語られることも多い話です。

アメリカ同時多発テロ事件が発生したのは2001年ですが、その年の菊花賞ではマンハッタンカフェが逃げるマイネルデスポットをとらえて優勝。有馬記念ではマンハッタンカフェ1着、アメリカンボス2着というワンツーフィニッシュという結果になりました。

この3頭が「独裁者(despot)」「ニューヨーク(マンハッタンはニューヨーク市の地区名)」「大統領(アメリカのボス=大統領)」とテロ絡みのサインだったとされています。

サイン馬券の過去の実例その4「ASKA逮捕」

CHAGE and ASKAのASKAは2016年11月28日に警視庁組織犯罪対策第五課に覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕されました。意味不明な発言を繰り返したりしていたため、ニュースやワイドショーで何度も取り上げられ大きな話題になりました。

その後の2016年12月4日に開催されたチャンピオンズカップは1着がサウンドトゥルーに、そして3着にはアスカノロマンが入り、ASKA逮捕がサインだったのかと言われていました。

サイン馬券の過去の実例その5「映画俳優馬券」

「史上最強の一発屋」として競馬ファンに愛されるダイユウサクにまつわるサイン馬券も存在しています。ダイユウサクは14番人気だったのにも関わらず圧倒的1番人気だったメジロマックイーンを差し切り有馬記念で優勝。しかも、レコードタイムでの優勝でした。

1着ダイユウサクは松田優作、2着メジロマックイーンはスティーブ・マックイーンとして関連付けて「映画俳優馬券」と呼ばれ、一種のサイン馬券だったのではないかと言われています。

なお、ダイユウサクという名前は実は手違いで付けられたものだったといいます。本当は馬主の孫の名前である「コウサク」にちなみ「ダイコウサク」と名付けるつもりが、手違いでダイユウサクに。あまりに惨敗が続いたため、孫の名前に変更することも出来ましたが辞めたそうです。

過去の有馬記念のサイン馬券の結果はサイン馬券を有馬記念で買うなら?過去の5つの実例を紹介をご確認ください。

サイン馬券の過去の実例その6「ビリギャル」

ビリギャルは「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」という本をもとに制作された映画で、主演を有村架純が務め、2015年5月に映画化されました。

そして、2015年5月17日に開催されたヴィクトリアマイルでは1着ストレイトガール、2着ケイアイエレガント、3着ミナレットという結果になり三連単は(5)(7)(18)で20705810円と2000万円超え!

この「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」の本の表紙はモデルの石川恋でしたが、石川恋の生年月日が平成5年7月18日というサインになっていたのです。

サイン馬券の過去の実例その7「金」

2012年は今年の漢字として「金」が選ばれました。それもあり、有馬記念では有力馬であるゴールドシップが勝つのではないかと数多くの予想や記事が登場し、実際レースでもゴールドシップが優勝するという結果になりました。

なお、2016年も今年の漢字として2012年と同じく「金」が選ばれたため、有馬記念でゴールドアクターや2016年に中山金杯と金鯱賞で優勝したヤマカツエースが勝つのではないかという予想記事が掲載されましたが、優勝したのはサトノダイヤモンドでゴールドアクターは3着、ヤマカツエースは4着という結果となりました。

サイン馬券の過去の実例その8「横綱白鵬」

2010年、有馬記念の表彰式プレゼンターとして第69代横綱白鵬翔が登場。この時の勝ち馬は白い帽子の1枠ヴィクトワールピサが勝利。しかもそのヴィクトワールピサの母の名前がホワイトウォーターアフェアだったことから「白」のサイン馬券だったと言われています。

サイン馬券の過去の実例その9「天皇賞」

皇族が観戦にいらっしゃることも多い天皇賞ではその度にサイン理論が話題になることでも知られています。中でも天皇賞秋はスタート地点の特性という偶然もあって、白い帽子の1枠の連対率がかなり高くなっています。天皇の「皇」という字は「白」に「王」と書くためとも言われています。

天皇賞のサイン馬券については天皇賞の過去のサイン馬券的中実例3つ!皇室絡みの馬券に注目!でご紹介しています。

サイン馬券の過去の実例その10「ステイホーム」

サイン馬券 ステイホーム

東京都が4/26から『ステイホーム』週間を実施、2020天皇賞春では「ステイホーム」→「ステイ」→「ステイゴールド」とステイゴールド産駒の「エタリオウ」と「スティッフェリオ」がサイン馬として話題になりました。

結果はスティッフェリオは2着とステイゴールド産駒が入選しました。

まとめ

サイン馬券の過去の実例についてご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか?こじつけと言ってしまえばそれまでですが、後から振り返ってみるととても偶然では片付けられないような奇跡のようなサイン馬券も存在しています。

有馬記念や天皇賞はサイン馬券がよく話題になるレースなので、何か話題のニュースがある時などにはサイン馬券を購入してみてはいかがでしょうか。

予想に関するサイトの情報は競馬予想サイト調査局も参考にしてください。

サイン馬券のレース記事

サイン馬券の神が降臨!2019年高松宮記念で起きた1つの奇跡

競馬には普通の予想は到底当てることが出来ない馬券でも、サイン馬券により的中する奇跡が度々起こります。2019年の高松宮記念で起こったサイン馬券による的中をご紹介していきたいと思います!
サイン馬券のレース記事

サイン馬券でフェブラリーSは的中できる?過去の5つの予想を紹介

サイン馬券でフェブラリーSを的中することはできる!?様々なところにサインは隠れていると言われていますが、過去に予想されたフェブラリーSに関するサイン馬券の例を5つ紹介しています!
サイン馬券のレース記事

サイン馬券でのホープフルステークス予想5つと過去の結果を紹介

サイン馬券でのホープフルステークス予想にはどんなものがある?気になるサイン馬券予想について詳しくご紹介します。また、過去のホープフルステークスでのサイン予想と結果についても紹介します。
サイン馬券のレース記事

サイン馬券で中山記念は当たる?4つの的中実例と予想方法を紹介

サイン馬券で中山記念を的中させることは出来る?これからのサイン馬券予想にも役立てることが出来る過去に開催された中山記念のサイン馬券予想方法と的中実例について詳しくご紹介していきます。
サイン馬券のレース記事

サイン馬券と菊花賞の相性はどう?過去3年を振り返って徹底検証!

サイン馬券と言えばG1レースです。その中でも菊花賞は多くの人が注目するレースなので多くのサイン馬券が展開されています。過去に出されたサイン馬券とその結果を紹介していきましょう!
サイン馬券のレース記事

サイン馬券で日本ダービー的中は困難?過去の結果から5項目を検証

サイン馬券予想で日本ダービーを予想させることは難しい?有馬記念や天皇賞ではサイン馬券が的中することも多いですが、ダービーを的中させることは難しい可能性も?2019年のサイン予想から検証!
サイン馬券のレース記事

ジャパンカップのサイン馬券予想のやり方7パターンを解説

ジャパンカップのサイン馬券の予想方法にはどんなものがある?2019年に開催されたジャパンカップからサイン馬券のパターンをご紹介します!2019年のサインはラグビーだった?
サイン馬券のレース記事

安田記念のサイン馬券予想は正逆に注目?3つのサインを紹介

安田記念のサイン馬券予想なら正逆数字のサインに注目すべき?安田記念でサイン理論を使って馬券予想をする時に参考にしたい2019年の安田記念のサイン予想についてご紹介していきます!
サイン馬券のレース記事

サイン馬券と過去データで宝塚記念を攻略せよ!3つの過去予想も紹介

サイン馬券と過去データを使って宝塚記念を予想する方法とは?予想のやり方の他、過去の実例についても詳しくご紹介していきたいと思います。これからサイン馬券で予想を行いたい方必見!
サイン馬券のレース記事

天皇賞の過去のサイン馬券的中実例3つ!皇室絡みの馬券に注目!

天皇賞は過去にサイン馬券が的中したという事例がいくつも残っています。皇族がいらっしゃることでサイン理論が話題になる天皇賞のサイン馬券的中実例や、2019年のサイン馬券についてもご紹介します。
サイン馬券のレース記事

桜花賞のサイン馬券の予想方法は?2019年は令和サインで的中

桜花賞のサイン馬券にはどんなものがある?予想方法や新元号「令和」に変わるということで話題になった2019年の桜花賞のサイン馬券についてもご紹介します!サイン馬券が気になる方は是非チェック!
サイン馬券のレース記事

サイン馬券を有馬記念で買うなら?過去の5つの実例を紹介

サイン馬券がよく買われるレースとしては有馬記念が有名です。有馬記念でサイン馬券を買うなら一体どんなことを参考にしたらいい?過去の実例を交えて予想の仕方をご紹介します!